何があったのか!? 相手選手に馬乗り&パンチ連打 ボスニア女子サッカー選手が永久追放へ

相手選手を殴打してしまったセカシッチ photo/Twitterより

相手選手を殴打してしまったセカシッチ(5番) photo/Twitterより

謎は深まるばかり

ボスニア・ヘルツェゴビナの女子サッカー選手による試合中の暴力行為が、英国メディアで話題となっている。
事件が起きたのは同国女子サッカーリーグのジェリェズニチャル対ムラドストの一戦。ジェリェズニチャルに所属するシルビア・セカシッチが、突然アドゥー・ルバノビッチ(ムラドスト)を倒し、馬乗り状態に。その後、セカシッチがルバノビッチを何度も殴打した様子が英『Daily Mirror』で報じられている。無論、同選手にはレッドカードが提示されたが、「周りの人が止めさえしなければ、私はずっとルバノビッチを殴り続けた」と試合後に吐き捨てるなど、一連の行為を詫びる素振りを見せていないことが同紙で伝えられている。
ルバノビッチが所属するムラドストは試合後に声明を発表。「セカシッチの行為はどう考えても常軌を逸しており、彼女のような人間はサッカーに関わるべきではない」と、怒りを露わにしている。
同国サッカー協会より永久追放処分を言い渡される可能性が高まっているセカシッチ。何が原因で同選手が暴力行為に及んだのかは定かではないが、どんな理由があるにせよ、一連の騒動を引き起こしてしまった責任は重く、看過できない振る舞いであると言えるだろう。

 

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ