レアルDFナチョの“狡猾すぎるFK”が話題に セビージャ守備陣を幻惑したそのキックとは?(動画アリ)

直接フリーキックを突き刺したナチョ photo/Getty Images

直接フリーキックを突き刺したナチョ photo/Getty Images

一瞬の隙を突いたナチョ

現地時間14日にリーガ・エスパニョーラ第37節が行われ、同リーグ暫定2位のレアル・マドリード(以下レアル)がセビージャに4-1で勝利した。
同試合の前半に、ナチョ・フェルナンデス(レアル)が放ったフリーキックがスペインメディアで話題となっている。10分、敵陣ペナルティアーク付近でマルコ・アセンシオが倒され、レアルに直接フリーキックが与えられると、突然ナチョがシュートを放つ。セビージャの選手たちがボールから目を離した隙を突き、同選手がクイックリスタートを試みたわけだが、ウンディアーノ・マジェンコ主審はゴールを認め、レアルが幸先よく先制点を挙げた。
かつてリーガ・エスパニョーラで主審を務めたアンドゥハル・オリベル氏はスペイン紙『MARCA』を通じ、同選手が試みたクイックリスタートは正当なプレイであると説明している。
「ナチョのプレイは正当なものだ。主審は正しい判定を下したと思うよ。正しい場所からプレイが再開されていたし、キックの際にボールも静止していたからね」
セビージャの選手たちが素早く壁を作らなかったことを見逃さなかったナチョ。セビージャのGKセルヒオ・リコの視界を遮るような位置に立ってしまった主審の不手際があったとはいえ、一瞬たりとも気を抜かなかったナチョの集中力の高さを称えるべきだろう。
参照元:youtube

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ