あのバルサから4人も!? 天才MF、世界屈指のゴールゲッターがUCL準々決勝”ワーストイレブン”に

GettyImages-670342728-compressor

ユヴェントスに敗れたバルセロナ photo/Getty Images

ユヴェントス相手に完敗

チャンピオンズリーグ準々決勝では、2ndレグでバイエルン相手にハットトリックを決めてチームを勝利に導いたレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウド、ドルトムントを沈めたモナコFWキリアム・ムバッペ、バルセロナ攻撃陣を封じ込めたユヴェントスのレオナルド・ボヌッチとジョルジョ・キエッリーニなどに注目が集まった。

しかしその一方で、期待に応えられなかった選手もいる。そこで英『Squawka』は、期待外れに終わった選手でチャンピオンズリーグ準々決勝ワーストイレブンを作成した。

今回は1stレグ、2ndレグを合わせての選出となっているが、まずGKは2試合で6失点と守備が崩壊したドルトムントからロマン・ビュルキ、最終ラインはレスター・シティのヨアン・ベナルアン、モナコのジェメルソン、そして1stレグのパフォーマンスが批判されたバルセロナのジェレミー・マテューがセンターバックとして選出。ウイングバックには守備のミスがあったドルトムントのウカシュ・ピシュチェク、2ndレグではドリブル成功数0、タックル成功数1度と物足りなかったバイエルンDFダビド・アラバが選ばれた。

中盤にはバルセロナから2人選ばれている。セルヒオ・ブスケッツとアンドレス・イニエスタだ。ブスケッツについてはパス成功率が85%と物足りなかったと指摘。イニエスタは1stレグで決定機を外してしまったり、抜群のパフォーマンスとは言い切れなかったか。

前線では1stレグでロベルト・レヴァンドフスキの穴を埋められなかったバイエルンFWトーマス・ミュラー、レスター・シティのリヤド・マフレズ、そしてユヴェントス相手に180分間得点を決められなかったバルセロナの攻撃陣からルイス・スアレスが選ばれている。

こうして見ると4人もバルセロナから選ばれており、ユヴェントス戦は失望の残るものとなってしまった。イニエスタ、ブスケッツ、スアレスは本来ベストイレブンに入っておくべき選手だろう。0-3というスコアが示す通り、バルセロナには良いところがほとんどなかった。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.187 欧州は、今季もやっぱり熱かった!

群雄割拠のプレミア 明暗を分けたのはマネジメント力/弱点を強みに! パーフェクトなレアルを支えたジダンの采配/競争力を取り戻しつつあるセリエA 「世界最強」の称号を再び得るために/バイエルン怒濤の5連覇達成も伏兵たちの台頭で勢力図激変

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ