文句無しのスーパーゴール 鹿島DF西大伍、独走ミドル弾がJ1週間ベストゴール1位(動画アリ)

GettyImages-669048890-min

今季初得点の鹿島DF西大伍 photo/Getty Images

浦和FW興梠、前節につづきランクイン

『DAZN』は17日、明治安田生命J1リーグ第7節で生まれたゴールから週間ベストゴールの5位から1位を発表した。

セレッソ大阪FW杉本健勇が、ガンバ大阪とのダービーマッチで華麗なターンから決めた同点弾が3位にランクイン。浦和レッズのFW興梠慎三が、FC東京戦で決めた2戦連発、今季6得点目となるゴールが2位に選ばれたなか、西大伍がベガルタ仙台戦で決めた印象的なゴールが1位に選出された。

西のゴールが生まれのは25分。ハーフウェイライン付近からドリブルで持ち上がると、追いかけてきたDFをすり抜け、そのまま単独でペナルティエリア手前までたどり着き、緩急のついたフェイントでDF平岡康裕をかわし、強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺した。鹿島は、2012年5月札幌戦以来となる前半だけで3得点をあげる得点力を見せた。

5位 大津祐樹(柏レイソル/ヴィッセル神戸戦)
4位 ムサエフ(ジュビロ磐田/サガン鳥栖戦)
3位 杉本健勇(セレッソ大阪/ガンバ大阪戦)
2位 興梠慎三(浦和レッズ/FC東京戦)
1位 西大伍(鹿島アントラーズ/ベガルタ仙台戦)


参照元:Twitter

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ