京都、ハットトリックは2014年6月ぶり “21人目の男”CF闘莉王がJ2第8節のベストイレブンが入り

GettyImages-668725182-min

CFとしてベストイレブン入りを果たしたDF田中マルクス闘莉王 photo/Getty Images

週間ベストゴールでも1位獲得

『DAZN』は17日、明治安田生命J2リーグ第8節からDAZN週間ベストプレイヤー11名を発表した。

京都サンガFCのDF田中マルクス闘莉王は、西京極スタジアムで行われた愛媛FC戦でハットトリックを達成、チームの勝利に貢献し、センターフォワードとしてベストイレブン入りを果たした。72分に決めた得点は『DAZN』が選出する週間ベスト5ゴールでも、1位を獲得している。『Opta』によると、闘莉王はJ1とJ2でハットトリックを達成した21人目の選手で、京都にとっては2014年6月の熊本戦で大黒将志が記録して以来、1029日ぶりのハットトリックだという。

また松本山雅FCに2-0で勝利したロアッソ熊本からは、園田拓也、嶋田慎太郎、グスタボら最多3選手がベストイレブンに選ばれた。

『DAZN』が発表したベストイレブンは、以下の通り。

〈GK〉
佐藤優也(ジェフユナイテッド市原・千葉)

〈DF〉
駒野友一(アビスパ福岡)
園田拓也(ロアッソ熊本)
馬渡和彰(徳島ヴォルティス)

〈MF〉
白井永地(水戸ホーリーホック)
髙橋壱晟(ジェフユナイテッド市原・千葉)
鈴木惇(大分トリニータ)
嶋田慎太郎(ロアッソ熊本)

〈FW〉
フェリペ・ガルシア(名古屋グランパス)
田中マルクス闘莉王(京都サンガFC)
グスタボ(ロアッソ熊本)


参照元:Twitter

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ