“バス爆破”に次ぐ事件がUELでも…… 観客がピッチになだれ込んだ理由とは?

キックオフが約45分遅れることに

キックオフが約45分遅れることに

ピッチ上に避難する観客 photo/Getty Images

現地時間13日にUEFAヨーロッパリーグ準々決勝1stレグが行われ、リヨン(フランス)が本拠地でベシクタシュ(トルコ)に2-1で勝利した。

同試合開始前に、一部の観客がスタジアム上部より発煙筒や爆竹を投げ込むという事件が発生。大勢の観客をピッチ上に避難させるという措置がとられたことにより、試合開始が約45分遅れたことが英『sky SPORTS』によって報じられている。

ドルトムントのチームバスが爆破襲撃を受けたことにより、12日に予定されていたUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのドルトムント対モナコの一戦が延期になるなど、不祥事が相次いでいる欧州のコンペティション。UEFA(欧州サッカー連盟)による安全の強化も然ることながら、選手や観客の安全を脅かす不届き者がサッカー界から根絶されることを願うばかりだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ