“イタリアのヤングスター軍団”が世界を支配するまであと5年 代表監督「2022W杯なら優勝できる」

GettyImages-660395868-compressor

伸び盛りのイタリア代表 photo/Getty Images

若手選手が成長する5年後にチャンス

イタリア代表は間違いなく世界を代表する強豪国の1つであり、ワールドカップでも常に優勝を狙えるチームとして紹介される。しかし、2010南アフリカワールドカップと2014ブラジルワールドカップではグループステージ敗退に終わっており、来年に控えるロシアワールドカップでは何としても上位進出を狙いたいところだ。

しかし、代表監督を務めるジャンピエロ・ヴェントゥーラの狙いは2018年ではなく2022年大会だ。伊『Gazzetta dello Sport』によると、ヴェントゥーラは今のイタリアに優秀な若手選手が揃っていると語り、彼らヤングスターたちが100%の状態に達するのが2022年だと考えていることを明かした。

「何か制限を設けるわけではないが、我々の目的は必ずしもロシアワールドカップを制することではない。今の若いスター選手たちは将来的に代表の中心にならなくてはいけない。彼らには巨大なポテンシャルがあるが、まだ準備ができていない。成長する時間が必要だ。イタリアは2018ワールドカップは優勝できないかもしれない。しかし、2022年大会ならできる。1978年大会で若手選手が上手くやり、それが1982年大会の優勝に繋がったようにね」

イタリアにはジャンルイジ・ドンナルンマやアンドレ・ベ ロッティをはじめ、ダニエレ・ルガーニ、アレッシオ・ロマニョーリ、フェデリコ・ベルナルデスキ、ロベルト・ガリアルディーニなど興味深いタレントが揃っている。その頃には中堅世代になっているマルコ・ヴェッラッティも心強い存在となるだろう。2018ワールドカップを1つのステップアップとし、2022年に本格的な優勝を目指す。こうした長期的な視点で戦うのも面白いかもしれない。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ