“代表最年長”守護神が圧巻のセーブ! 川島が語るベテランのあるべき姿とは!? 

「まだまだ表現できることはある」

「まだまだ表現できることはある」

無失点勝利に貢献した川島 photo/Getty Images

28日にロシアワールドカップのアジア最終予選が行われ、日本代表がタイ代表に4-0で勝利した。


同代表GK川島永嗣(メス所属)は試合後に行われた記者会見で、試合終盤のPKストップの場面を振り返っている。


「自分としてはあっちの方向で勝負しようかと。タイミングだけしっかり合わせようと思っていて、ちょうど良い所にボールが来ました。(今回の結果しだいでは)UAE戦での勝利が台無しになる可能性もあったので、そういった意味では大きな勝ち点3になりました。結果的に無失点だったのも、自分たちが上に立つという意味で大切だと思います」


また、同選手は同代表正GKの座の確保にむけて意気込みを口にした。


日本代表という場所は常に高いレベルを求められる場所だと思っています。まず自分が所属クラブで試合に出ることが一番です。今回、監督が自分を使うのはリスクがあったと思います。そうしたなかで、自分自身が自分に求めているレベルをチャンスが来たときに示していくしかありません。またクラブで勝負が始まりますし、まだまだ自分のチームで表現できることがあると思うので、(クラブで)ポジションを奪えるようにやっていきたいです」


セカンドボールへの対応が淡泊な味方守備陣を終始鼓舞し続け、無失点勝利に貢献した川島。PKストップの場面も然ることながら、前半アディショナルタイムの至近距離でのシュートや数本のミドルシュートにも冷静に対応し、チームを大いに助けた。同代表でチーム最年長という立場に置かれたことをふまえ、同選手は新たな決意を語っている。


「ベテランの経験というのがどういうカタチで生きるのか。それはやっぱり(若手と)話すことだけじゃないし、若い世代に伝えることだけじゃない。自分たちが示していかないと意味がないと思います。ただ、自分はそんなに年齢を気にしてやっているわけではないので、まだまだチャレンジしていきたいです」


現所属クラブのメス(リーグアン)ではリーグ戦で出場機会を与えられていない川島。今回のパフォーマンスを足掛かりとし、更なるステップアップを遂げることができるだろうか。同選手の正守護神返り咲きへの挑戦は、まだ始まったばかりだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ