[日本代表]まさに”香川劇場”! 華麗なキックフェイント、ヒールパスなどワールドクラスのプレイ連発

前半を終えて2-0

前半を終えて2-0

先制点決めた香川 photo/Getty Images

2018ロシアワールドカップ出場を目指して最終予選でタイ代表と対戦している日本代表は、2-0とリードして前半を終えた。守備からゲームに入ってくるタイをどう崩すのかに焦点が集まったが、前半の日本を引っ張ったのは10番を背負うMF香川真司だ。

まずは前半8分、UAE戦に続いて先発出場した久保裕也が右サイドを抜け出すと、相手DFとの1対1から右足でグラウンダーのクロス。これを受けた香川はトラップしてからキックフェイントで飛び込んできた相手選手をかわし、右足でコントロールショット。相手DFの間を通ったボールにタイのGKは全く反応できず、10番の得点で日本が先制に成功した。

さらに18分には原口元気のパスを受けた香川がダイレクトで走り込んできた山口蛍にヒールパス。山口は左足でシュートを放ったが、これはGKが見事に弾き出した。この試合で最も流動的な攻撃の1つで、香川が1タッチでそれを演出している。

また、香川は守備面でもチームに貢献。危ないシーンでは自陣深くまで戻ってスペースをケアし、ボールを奪う場面もあった。UAE戦よりも香川は高いポジションで起用されていたが、守備面でもしっかりと貢献していた。

新エース候補の久保も香川の得点に続いて岡崎慎司のヘディング弾もアシストしており、UAE戦に続いて結果を出している。エースの香川、その座を脅かす久保の活躍で日本が2点をリードして前半を終えることに成功している。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ