リヴァプール戦で主審を取り囲んだマンC FAが処分内容を発表

約490万円の罰金処分

約490万円の罰金処分

シーズン終盤は審判の腕の見せ所だ photo/Getty Images

現地時間19日にプレミアリーグ第29節が行われ、マンチェスター・シティがリヴァプールに1-1で引き分けた。

同試合の50分に、マンチェスター・シティのDFガエル・クリシーがボールをクリアする際にロベルト・フィルミーノを蹴りつけてしまい、PKを献上。判定に納得がいかないヤヤ・トゥレやダビド・シルバをはじめとする同クラブの選手がマイケル・オリバー主審を取り囲み、執拗に抗議するという事態に発展した。イングランド・サッカー協会(FA)は一連の騒動を受け、マンチェスター・シティに3万5000ポンド(約490万円)の罰金を科すと発表している。

シーズンも終盤に差し掛かり、判定に対して選手がエキサイトしやすい状況となっているが、プレミアリーグの審判団は最後まで冷静で的確なジャッジを貫くことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ