レアルのクロース、中国行きには興味無し「僕にとっての最終目的地ではない」

UCLのバイエルン戦についても言及

UCLのバイエルン戦についても言及

レアルではスタメンとして活躍する photo/Getty Images

レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、中国やアメリカへの移籍について言及している。

2014年の加入以降、正確無比なパスと冴え渡る攻撃センスにより、ルカ・モドリッチと共にレアルの中盤を支えるクロース。今季のリーガエスパニョーラでも22試合に出場し、全幅の信頼を寄せられるドイツ代表パサーは、破格の違約金で中国へと移籍する選手が続出する現在のトレンドに反し、今後もレアルで続ける意向を示している。独『Faz Sport』がクロースのコメントを伝えた。

「あと2~3年は最高峰の環境でプレイを続けたい。中国やアメリカは選手である僕にとっては最終目的地ではないね」

また、チャンピオンズリーグのラウンド8で古巣バイエルン・ミュンヘンとの対戦が決まったことについて聞かれると、次のように話している。

「チャンピオンズリーグを制したいなら、遅かれ早かれバイエルンかバルセロナを倒さないといけないんだ。僕はベストなチームと戦う方が好きだよ。チームはジダンの下、とても良い雰囲気だ。彼はとても分かりやすく選手に考えを伝えてくれるしね」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ