プレミアリーグで今回最も多く代表選手を出したクラブとは!? 最多は驚異の15人

世界最高峰のリーグ

世界最高峰のリーグ

最多15人の代表選手を出したユナイテッド photo/Getty Images

今週よりインターナショナルブレイクに入っているサッカー界だが、プレミアリーグのプレイヤーの中でも代表に選ばれる選手と選ばれない選手がもちろん存在する。

英『Sky SPORTS』はプレミアリーグのチームで代表選手に選ばれた人数をクラブごとに紹介した。一番多く代表選手を出しているのがマンチェスター・ユナイテッドの15人で、怪我で代表に選出されなかったポール・ポグバなどを除いてもこの数字だ。次に多いのがトッテナムで14人、そしてマンチェスター・シティが13人と続く。上位チームが多く代表選手を抱える中、現在18位に沈むハル・シティは12人も出している。これはアーセナルやチェルシーと同じ人数で、ハル・シティはノルウェー代表やスコットランド代表の選手を抱えている。一番少ないのはボーンマスの3人となっている。

これだけの人数を見ればいかにプレミアリーグが巨大なリーグであり、資金力のあるクラブがたくさんあるかということが分かる。下位チームに至るまで世界各国の選手達がプレミアリーグでプレイしている。

チームごとの人数は以下の通り(カッコ内はプレミアリーグの順位)

マンチェスター・ユナイテッド:15人(5位)
トッテナム:14 人(2位)
マンチェスター・シティ:13 人(3位)
アーセナル:12人(6位)
チェルシー:12 人(1位)
ハル・シティ:12 人(18位)
サウサンプトン:12 人(10位)
リヴァプール-:11 人(4位)
ストーク・シティ:10 人(9位)
ウェストブロムウィッチ・アルビオン:10 人(8位)
エヴァートン:9 人(7位)
レスター:8 人(15位)
バーンリー:7 人(13位)
ウェストハム:6 人(12位)
クリスタルパレス:5 人(16位)
サンダーランド:5 人(20位)
スォンジー:5人(17位)
ワトフォード:5 人(14位)
ミドルズブラ:5 人(19位)
ボーンマス:3人(11位)

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ