トッティの今後を語るローマ会長「クラブはディレクターとしての6年契約を用意している」

リーグ戦に専念するべきとも語る

リーグ戦に専念するべきとも語る

彼とローマの関係は終わらない? photo/Getty Images

今後はピッチ上ではなく、ピッチ外からイタリアの首都を支えることになりそうだ。セリエAのローマに君臨するフランチェスコ・トッティの去就に関して、同クラブ会長が言及している。

1989年のユースチーム加入以降、その生涯をローマに捧げ続ける“王子様”ことトッティも、今や40歳の大ベテランだ。選手としてのキャリアは終焉に近付いており、ローマのジェームズ・パロッタ会長はこのバンディエーラに対し、新たな役割を準備していると明かした。『ESPN』が同会長のコメントを伝えている。

「クラブはトッティに対し、プレイヤーとしての未来に関する話はしていないよ。でも、我々は彼にディレクター職を任せる6年契約を用意しているんだ」

トッティとの関係を継続させる意向を示したパロッタ会長だが、当然ながらチームは現在の戦いに専念すべきとの考えも述べている。

「チームが今考えるべき目標はチャンピオンズリーグの出場権を確保することであり、シーズンの戦いはまだまだ続いている。ユヴェントスはナポリと戦わなければならないし、その試合がドローに終わってくれることを願っているよ。契約に関する話も大事だが、現在の戦いに集中している。我々はセリエAを2位で終えられるという自信があるよ」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ