未だ不明瞭なヴェンゲルの去就 アーセナルが“トゥヘル招聘説”を否定

ヴェンゲル監督への風当たりが強まっている photo/Getty Images

ヴェンゲル監督への風当たりが強まっている photo/Getty Images

混迷が続いているアーセナル

今季のプレミアリーグ27試合消化時点で6位につけているアーセナル。来季の欧州のコンペティションへの出場が危ぶまれているほか、今季で現行契約が満了となるアーセン・ヴェンゲル監督の去就が未だ不透明であるなど、混迷が続いている。

同監督の去就に注目が集まるなか、アーセナルがトーマス・トゥヘル監督(現ドルトムント)の招聘を画策していると独『Bild』で報じられていた。しかし、同クラブのスポークスマンが一連の報道に対し、「真実ではない」と語ったことが英『sky SPORTS』によって伝えられている。
今季のUEFAチャンピオンズリーグ(以下UCL)での惨敗に加え、直近の公式戦10試合で6敗を喫するなど、例年以上にチーム状態が悪化しているアーセナル。サポーター内でヴェンゲル監督の進退について意見が完全に分かれるなど、クラブ全体として一枚岩になっていないことは明らかだ。かつてない危機に瀕している同クラブだが、FAカップ制覇や来季のUCL出場権獲得を成し遂げ、面目を保つことはできるだろうか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ