デパイ、マンU時代の冷遇をアピール「最後に90分フルでプレイしたのは1年も前、信じられないよ」

冬の決断を回想

冬の決断を回想

リヨンで得点を決め続けるデパイ photo/Getty Images

リヨンでプレイするオランダ代表FWメンフィス・デパイが、今冬のマンチェスター・ユナイテッド退団を振り返っている。彼にとって、その決断は決してハードなものではなかったようだ。

2015年に名門PSVから赤い悪魔へ華麗なるステップアップを果たした同選手だが、ルイ・ファン・ハールだけでなく、ジョゼ・モウリーニョからも冷遇を受け、本領を発揮するには至らなかった。もちろんその才能に疑念の余地はなく、1月のマーケットでリヨンがおよそ2500万ユーロもの価格でデパイを落札。22歳の同選手はより多くのプレイ時間が必要だったと、退団理由を説明している。『beIN SPORTS』を含む複数メディアが伝えた。

「マンチェスター・ユナイテッドからの退団? それを決断することはそこまで難しいものじゃなかったよ。僕はまだ若い。もっとたくさんプレイする必要があったからね」

さらにデパイは、“具体的なデータ”を引き合いに出すことで、自身がいかに不遇を経験していたかをアピールしている。

「リヨンへの移籍を決意するまでに、僕がマンチェスター・ユナイテッドで最後に90分間をフルでプレイしたのを思い返すと、それはもう1年も前のことなんだ。これはとてもじゃないけど信じられないことだよ」

渡仏以降は好調をキープするデパイ。彼の才能が再び輝きを放つことを期待したい。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ