コンテが”世界最高の指揮官”なのか? ペップ、モウリーニョを超える戦術眼、再生能力に脱帽

リーグ戦で独走状態に

リーグ戦で独走状態に

チェルシーを率いるコンテ photo/Getty Images

昨季あれだけ苦しんでいたチェルシーが今季のリーグ戦で独走状態になるとどれだけの人が予想しただろうか。今のところアントニオ・コンテ率いるチームの勢いが衰える気配はなく、圧倒的な強さでプレミアリーグを支配している。

これには元リヴァプールDFで解説者のジェイミー・キャラガー氏も驚いている。今季のプレミアリーグは名将と呼ばれる指揮官が次々に新しいクラブに就任したことが注目を集めたが、イタリアからチェルシーにやってきたコンテは注目度No.1だったわけではない。英『Daily Mail』によると、キャラガー氏は「話題を支配していたのはグアルディオラとモウリーニョだ。我々はコンテを見過ごしていた」とコメントしており、注目されたのはグアルディオラとモウリーニョの対決だ。

両者はバルセロナとレアル・マドリードを率いて激しい死闘を何度も演じており、それがマンチェスター・ダービーで見られると期待した人は多かったはず。加えて補強も豪華だった。マンチェスター・シティはジョン・ストーンズやレロイ・サネ獲得に大金を費やし、一方のマンチェスター・ユナイテッドはポール・ポグバ、ヘンリク・ムヒタリアン、ズラタン・イブラヒモビッチとワールドクラスを揃えた。これでタイトル獲得への準備が整ったと感じた人も多いはずだ。実際、開幕前の優勝予想ではマンチェスターのどちらかを候補に挙げる者が多かった。

しかし、補強を巧みに活かしたのはコンテだ。エンゴロ・カンテ、マルコス・アロンソ、そして戻ってきたダビド・ルイスと、名前だけを見ればマンUに比べて地味だ。しかしキャラガー氏は3選手ともチームで重要な役割を担っているとコメントしており、コンテは新加入組を上手く活かしている。

さらにキャラガー氏が評価したのがコンテの再生能力だ。昨季苦しんだエデン・アザール、ジエゴ・コスタ、ペドロ・ロドリゲス、ネマニャ・マティッチらを見事に復活させた。レンタル組だったヴィクター・モーゼスのウイングバック起用もハマり、同氏は「戦術的洞察力がある」とコンテの手腕を高く評価している。

こうして見ると、グアルディオラやモウリーニョと比べてもコンテの手腕は見事だ。まだチャンピオンズリーグなど欧州の舞台で結果を出していないことは指摘されているが、それでもコンテは名将と呼ぶにふさわしい存在だ。キャラガー氏もコンテがここまでやるとは想像していなかったようで、多くの人の優勝予想が外れたのではないだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ