優勝候補の一角バイエルンとの対戦にレアルのブトラゲーニョ氏 「最悪の相手の1つ」

優勝候補同士の潰し合い

優勝候補同士の潰し合い

バイエルンで指揮を執るアンチェロッティ photo/Getty Images

17日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ抽選会で、昨季王者レアル・マドリードはバイエルンと対戦することが決まった。どちらも優勝候補の一角と言われているクラブで、潰し合いとなる。2013-14シーズンの準決勝で対戦した際にはレアルが2戦合計5-0で勝利しているが、そのようなワンサイドゲームになることは考えにくい。どちらにとっても厳しいゲームになるだろう。

スペイン『as』によると、この抽選結果をレアル幹部のエミリオ・ブトラゲーニョ氏も嘆いている。同氏はバイエルンが最も当たりたくないチームの1つだったと語り、もう少し先のラウンドで対戦したかったようだ。

「バイエルンは我々の抽選で最悪のチームの1つだ。それはバイエルンにとっても同じだけどね。我々は互いのことをよく知っている。難しいものになることは分かっている。もう少し先のラウンドでぶつかりたかったが、これは特別なゲームだ」

また、現在バイエルンを率いているのはレアルを指揮した経験を持つカルロ・アンチェロッティだ。アンチェロッティはレアルを率いて2013-14シーズンにチャンピオンズリーグを制しており、当時アシスタントコーチを務めていた現指揮官ジネディーヌ・ジダンのこともよく理解している。レアルにとってはかなり嫌な相手となるはずだが、ベスト4へ進むのはどちらだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ