得意のターンからスルーパス炸裂! 決勝点起点のドルトムント香川に米メディア「最も輝いている起爆剤」(動画アリ)

GettyImages-654576498-min

チームメイトに信頼される香川真司 photo/Getty Images

28歳の誕生日を迎えた香川

日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは17日、ブンデスリーガ第25節で17位のインゴルシュタットに1−0で勝利した。[3−4−2−1]の2列目で先発起用された香川は、公式戦3試合連続のフル出場を果たし、先制点の起点となる活躍を見せた。

14分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた香川は、相手DFに身体を当てながら反転し、ディフェンスラインの裏へ抜け出したMFマルツェル・シュメルツァーにスルーパスを供給。抜け出したシュメルツァーがゴール前にクロスを送り込むと、ピエール=エメリク・オバメヤンが合わせて先制ゴールを決めた。

ようやくコンスタントに出場機会を得て上向き調子の香川は、米メディア「ESPN」の試合後の採点(10が最高評価)で「7」を獲得した。GKロマン・ビュルキの「8」に次いでDFソクラティス・パパスタソプーロスと並ぶチーム2位の高評価で、寸評では「この日28歳になった香川は、3試合続けてチームの攻撃陣で最も輝いている起爆剤だ」と称賛された。

3月17日に誕生日を迎えた香川は試合後自身のブログを更新し、「連戦で厳しい試合でしたが、選手、サポーター、スタッフ、みんなで勝ち取った勝ち点3だと思います。最高の誕生日でした」と振り返った。連戦を乗り切った香川は、今後日本代表に合流しワールドカップアジア最終予選に臨む。


参照元:YouTube

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ