ライバルの監督になればモウリーニョでさえ罵倒される!? チェルシー元コーチ「リスペクトに欠けている」

チェルシー時代には3つのタイトルを獲得

チェルシー時代には3つのタイトルを獲得

スタンフォード・ブリッジに帰還したモウリーニョ監督 photo/Getty Images

13日、FA杯準々決勝でチェルシー対マンチェスター・ユナイテッドの試合が、チェルシーのホームであるスタンフォード・ブリッジで行なわれた。チェルシーが1-0で勝利し準決勝へ駒を進めている。

試合後話題となっていたのが、チェルシーサポーターが前チェルシー監督モウリーニョを罵るチャントを歌ったことだ。このチャントに対してモウリーニョ監督も3本の指をだし反応していた。どういった意味で3本の指を出したのかモウリーニョ監督自身は発言していないものの、現地メディア『Evening Standard.』はチェルシーで獲得したタイトルの数を証明したなどと報じていた。このチェルシーサポーターの行為に対して以前チェルシーのコーチを務めていたこともあるレイ・ウィルキンス氏は『Sky SPORTS』にて苦言を呈した。

「チェルシーサポーターにただお願いしたい。私もチェルシーのサポーターだが、モウリーニョに対してもう少し上品に示して欲しい。彼はいい男でフットボールマンだ。彼は自身のクラブを勝たせたい。ユナイテッド戦のときは彼に対してリスペクトに欠けていた」

チェルシーにタイトルをもたらし夢を与えたモウリーニョ監督でさえ、ライバルチームの監督になれば罵倒されてしまう。フットボールはときに残酷なスポーツだと言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ