他人の考えはどうでも良い! “バロテッリ節”全開「世間は1週間の内、90分しか俺を見ない」

シティには良い思い出?

シティには良い思い出?

名門でプレイしてきたバロテッリ photo/Getty Images

フランスのニースでプレイする元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが自身のキャリアを振り返り、過去にはバルセロナ移籍に近付いていたことも明かしている。

昨夏より渡仏し、リーグアン16試合出場10ゴールという戦績を残すバロテッリ。インテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リヴァプールといった名門を渡り歩いた天才FWは、『RMC』のインタビューに応じると、カタルーニャの名門でプレイしていた可能性があったと暴露。英紙『THE Sun』を含む複数メディアが伝えている。

「俺はバルセロナへの移籍がほぼ決まりかけていたが、当時所属していたクラブが彼らに金を要求したことで破断したのさ」

さらに同選手はプレミアリーグでの日々を回想した。

「マンチェスター・シティは俺にとって夢のような生活を送ることのできるクラブだった。あそこにはイタリアを感じられる空気が流れていたんだ。リヴァプール? 頼むから俺にそのコメントをさせないでくれ。あそこには良いスタッフとサポーターがいたのは確かだが、クラブにはどうだっただろうね」

「俺は他人の考えなど気にしない。なぜなら世間は1週間の内、たった90分間しか俺のことを見てないからだ。それに俺はメディアのカモになりたくはないんだよ」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ