“リベロ・長谷部”はドイツに新たなトレンドまで生み出す!? 地元紙も認める3バックの流行

3バックはもうレアではない

3バックはもうレアではない

フランクフルトに所属する長谷部 photo/Getty Images

今季ニコ・コバチ率いるフランクフルトで印象的なのは、日本代表MF長谷部誠を最終ラインの中央に配した3バックシステムだ。長谷部はサイズ的にもセンターバックというタイプではないが、チームに安定をもたらすリベロとしてコバチから絶対の信頼を受けている。このシステムこそ前半戦のフランクフルトが好調を維持していた理由であり、今のチームは長谷部なしで語ることができない。

数年前までは、3バックはサイドにスペースを空けてしまいやすいとの理由で4バックを選択するチームがほとんどだった。しかし近年は守備時に5バックに変化する3バックを採用するチームが増えている。こうした流れはドイツ国内でも広がっており、地元紙『Frankfurter Neue Presse』は長谷部のリベロ起用が1つのトレンドになっていると分析している。

長谷部の動きはドイツのレジェンドであるフランツ・ベッケンバウアー氏を想起させると言われており、長谷部がフランクフルトの皇帝のような位置付けになっている。やり方はフランクフルトと全く異なるが、ドルトムントの指揮官トーマス・トゥヘルも試合によって3バックと4バックを使い分けている。長谷部が全ての理由ではないとしても、今後フランクフルトの3バックをモデルにするチームが増えても不思議はない。

ドイツ以外で見ると、イタリア・セリエAではもう少し早い時期から3バックが流行していた。ユヴェントスも3バックを中心に成功を収めており、イングランドではチェルシーやトッテナムも採用。3バックの使用は珍しいものではなくなっている。中でも小柄な長谷部を中央に配すやり方は特徴的で、長谷部はドイツ国内に新たなトレンドを生み出そうとしているようだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ