元エジプト代表ミド、2004年夏を回想「俺がユーヴェで、イブラはローマへ行くはずだった」

名門への加入はキャンセルに

名門への加入はキャンセルに

多くのクラブを渡り歩いたミド photo/Getty Images

彼にとっては不愉快な夏だったにちがいない。かつてアヤックスやトッテナムなどでプレイした元エジプト代表の“ミド”ことアーメド・ホッサム氏が、2004年の夏を振り返っている。

エジプトのザマレクユース出身で若くからその才能を高く評価されていたミドは、フランスリーグアンの名門マルセイユで台頭すると、2004年にローマへ移籍。しかしながら同選手がイタリアの首都でそのクオリティーを発揮することはなく、その背景には不本意な移籍の経緯があったと明かしている。どうやらアヤックス時代の同僚ズラタン・イブラヒモビッチと同じ代理人であったことも要因の一つと言えそうだ。英紙『Daily Express』がミド氏のコメントを伝えている。

「2004年の夏のことだ。俺はズラタン・イブラヒモビッチと共にイタリアのセリエAへ行くことになった。2人ともミーノ・ライオラにエージェントを任せていて、俺はユヴェントス移籍で合意し、イブラヒモビッチはローマへ加入するはずだった」

もちろん2004年と言えばイブラヒモビッチがユヴェントスと契りを交わした年だ。ミド氏は当初の予定が突如として変更されたと明かしている。

「俺が空港に着くとライオラから電話がかかってきて言われたよ。ユヴェントス移籍を中止しなきゃいけないってね。なぜならユーヴェは俺じゃなくイブラヒモビッチと新たな契約を交わしたからだ。結果として俺はローマへ移籍することになった」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ