「イブラは世界No.1になれたのに1分後には大バカ野郎に成り下がる」 同胞がズラタンを語る

強烈な個性を持つイブラについて言及

強烈な個性を持つイブラについて言及

結果を残し続けてきた究極のCFだ photo/Getty Images

元スウェーデン代表のアンデシュ・スヴェンソンが、昨夏よりマンチェスター・ユナイテッドでプレイする同胞のズラタン・イブラヒモビッチについて語った。

アヤックスやユヴェントス、インテル、バルセロナ、そしてミランなどのビッグクラブを渡り歩き、輝かしいキャリアを送ってきたイブラだが、一方で気性の荒さが目立った試合も少なくない。英雄と悪童という2つの顔を持つ同選手の人柄について、スウェーデン代表で共闘した経験を持つスヴェンソンは母国メディア『Vetlanta Posten』に対し、次のように言及している。

「イブラヒモビッチは世界No.1の人間にもなれたのに、1分後には完全なる大バカ野郎に成り下がるんだ。ときに最低の振る舞いをするからね。彼が何をしたいのかは理解できないけど、多分新人や若い選手にちょっかいを出したいのだろう。新参者に何ができるのかを試すために、彼はほとんど喧嘩を売っているような感じだ」

ただし、スヴェンソン自身は彼と良好な関係だったようだ。

「このやり方が信じられないね。僕は彼と問題を起こしたことは一度もないけど、それは彼が年上の僕らにいつも敬意を持っていたからだよ」

現在はユナイテッドで良き手本として若手を導いているイブラだが、底に秘めた危険な本能がいつの日か爆発することもあるかもしれない。もちろんそうなれば、ジェシー・リンガードやマーカス・ラッシュフォードは全速力で195cmの大男から逃げなければならないだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ