若きエース・ディバラが判定をとやかく言うミランファンを挑発!? 「不満を言う暇があるなら……」

ドーハでの失敗が脳裏をよぎった

ドーハでの失敗が脳裏をよぎった

インタビューに応じたディバラ photo/Getty Images

ユヴェントスは10日、セリエA第28節で日本代表FW本田圭佑が所属するACミランをホームへ迎え入れた。試合は、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにPKを得たユヴェントス。パウロ・ディバラが落ち着いてゴール左へ決め、2-1でミランを撃破した。この結果、ユヴェントスはリーグ戦のホーム連勝記録を「31」まで伸ばしている。

試合後、決勝ゴールを挙げたディバラが伊『MEDIASET PREMIUM』のインタビューに応じ、ミラン戦を次のように振り返った。

「厳しい試合だったよ。PKも難しかった。誰しもがドーハでの失敗(スーペルコッパ・イタリアーナ決勝のPK戦)が脳裏をよぎっていたんじゃないかな。ただ、幸運にもゴールを決めることができたよ」

さらに、審判の判定やPKに不満を漏らしているミランファンについても触れている。

「僕たちはこういうことに慣れているよ。もし彼らがPKについてとやかく言うのであれば、サパタが僕にしたプレイを確認してみたいね。そして、ウディネーゼ戦でも僕らは2度もPKを取ってもらえなかった。そのとき、僕らは何か言ったかい? 彼らはユヴェントスへの不平不満を6年間ぐらい言っているんじゃないかな。他にやるべきことをしたほうがいいよ」

ミランファンへの挑発ともとれる発言を行ったディバラ。インテル戦やナポリ戦など、現地メディアで最近ユヴェントスびいきの笛が多いと報じられていることもあり、不満が溜まっていたのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ