彼を欲しいなら152億円必要! バルサが万能型MFと2021年まで契約延長

6-1の奇跡にも貢献

6-1の奇跡にも貢献

献身的なプレイがウリのラキティッチ photo/Getty Images

宴が終わり、さらなる朗報も届けられた。スペインのバルセロナが9日、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチとの契約を2021年6月まで延長することで合意に達したと発表。その違約金は約152億円に設定されている。

現在29歳のセントラルミッドフィルダーはスイスのバーゼルユース出身で、シャルケやセビージャといった名門クラブを渡り歩き、2014年よりバルセロナへ加入。豊富な運動量と機を見た攻撃参加で世界最大のクラブにすぐさま適応すると、今季もここまで37試合に出場するなどし、主力として活躍している。もちろん彼も8日に達成された“カンプノウの奇跡”の立役者であり、最高のタイミングでクラブと契りを交わした格好だ。

ルカ・モドリッチやマリオ・マンジュキッチらと共にクロアチア代表でも貴重な戦力として重宝されるラキティッチ。今後もさらなる健闘に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ