元バルサ会長、アノ瞬間は寝てた! 「妻の叫び声で目を覚ましたが手遅れだった、自分が憎いよ」

奇跡の夜を満喫できず

奇跡の夜を満喫できず

歓喜の瞬間は必見だったが…… photo/Getty Images

バルサイズムに染まったはずの人間はその瞬間、睡魔に襲われていた。かつてバルセロナで会長を務めたジョアン・ガスパール氏が、悲しみと共に“カンプノウの奇跡”を振り返っている。

5失点を喫しながら、6点を奪い返した男たちの勇姿はバルセロニスタだけでなく、多くの人々のハートを射止めたが、残念なことに“バルサの山頂”に居座っていたはずの大物には届くはずもない。というのも、彼は「驚異的な時間帯」を夢の中で過ごしていたからだ。スペイン『Radio MARCA』の取材に応じたガスパール氏は、エディンソン・カバーニによる唯一の反撃弾の時点で、奇跡への可能性よりも睡眠を選択したという。

「カバーニが3-1とするゴールを決めた瞬間、私はバルセロナの勝ち抜けが不可能だと感じ、寝室に行ってしまったよ。その後、妻がバルサのゴールで何度もすさまじい叫び声を上げたことで目を覚ましてリビングへ戻った。しかし、もう手遅れだったよ。今は自分のことがとても憎いね。あのようなミラクルな逆転劇を見逃したんだから当然さ。セルジ・ロベルトの6点目も見ていないんだ」

信じ続ける者にはハッピーエンドがもたらされる。パリ・サンジェルマンの堅固な守備に耐え忍び、そして睡魔との争いに勝利した人間にだけ、あのような歓喜を楽しむ資格があるのかもしれない。つまりガスパール家で言えば、それは“戦い続けた”御令室だけということになる。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ