[UCL]前代未聞の逆転突破へカウントダウン バルセロナ、開始3分にスアレスが先制

一縷の望みをつなぐ前半

一縷の望みをつなぐ前半

先制点決めたFWスアレス photo/Getty Images

UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16の2ndレグが8日に行われ、バルセロナとパリ・サンジェルマンが対戦した。2月14日に行われた1stレグでは、本拠地パルク・デ・プランスで戦ったPSGがバルセロナに4-0で圧勝していた。

バルセロナはリオネル・メッシを中盤に置く[3-4-3]の布陣で臨み、一方のPSGは1stレグで2得点をあげたアンヘル・ディ・マリアが、ベンチスタートとなった。過去、1stレグを0-4で敗れながら勝ち上がった前例はなく、逆転勝利での突破を目指すバルセロナは、開始早々に先制点をあげ勢いづく。右サイドのラフィーニャがゴール前にクロスを送りこむと、パリ・サンジェルマンDFがクリアを試みる。こぼれ球に対してすばやく反応したルイス・スアレスが、GKケビン・トラップに競り勝ってヘディングで押し込み先制点をあげた。スアレスはUCLで今季3得点目を記録する。

さらにバルセロナの猛攻がつづく。40分、アンドレス・イニエスタは、3人目の動きでディフェンスライン突破を試みる。スアレスの浮き球のパスに飛び出すも、DFマルキーニョスに身体を入れられ完全にボールをコントロールできなかったが、それでも諦めずゴールライン付近からヒールパスに持ち込む。するとゴール前にいたDFレイバン・クルザワのオウンゴールを誘発。バルセロナはこれでリードを2点差に広げた。

2戦合計スコアで未だPSGがリードしている状況に変わりはないが、果たしてバルセロナはこのあとビハインドを覆せるだろうか。

[メンバー]
バルセロナ:テア・シュテーゲン、マスチェラーノ 、ピケ、ユムティティ、ブスケッツ、ラキティッチ 、メッシ、 イニエスタ、ラフィーニャ、スアレス、ネイマール

パリ・サンジェルマン:トラップ、ムニエ、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、クルザワ、ラビオ、ヴェッラッティ、マテュイディ、ルーカス、カバーニ、ドラクスラー

[スコア](前半終了時)
バルセロナ 2-0(2戦合計2-4) パリ・サンジェルマン

[得点者]
バルセロナ:スアレス(3)、OG(40)

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ