バルサ監督、“はしゃぎ過ぎて”膝を負傷「ピッチ上で靭帯をやっちゃったよ」(動画アリ)

奇跡の代償は膝?

奇跡の代償は膝?

偉大な勝利を収めたエンリケ photo/Getty Images

どんなハプニングもエクセレントな夜を打ち消すことなどできないだろう。8日に奇跡の大逆転を達成したバルセロナのルイス・エンリケ監督は試合後、喜びのあまり膝を負傷してしまったものの、本人は微塵も気にかけていない。

名門パリ・サンジェルマンを本拠地カンプノウに迎えて開催されたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグ。ほぼ勝ち抜けが不可能とされていたこの一戦を6-1という大勝で切り抜け、バルサは見事にラウンド8への進出を決めた。チームを率いるエンリケ監督は試合終了の笛を聞くやいなや興奮のあまり勢いよくピッチへ向かいジャンプすると、“ハシャぎ過ぎた代償”を払わされたという。英紙『THE Sun』が同監督のコメントを伝えた。

「ピッチ上で靭帯をやっちゃったよ。でもそれだけの価値はあるね。膝を持っていかれたんだ。バルサが0-4と大敗した後にも変わらずに信じ続けてくれた全員に感謝しているよ」

もちろん彼の負傷は残念だ。しかし、何にも代えがたい奇跡を達成した今、彼が無敵の男と化していることは言うまでもないだろう。



参照元:twitter

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ