なぜ4点のリードを守れなかった!? 悲劇の敗退を味わったPSGにビルバオが皮肉のツイート

かつて4-0のリードを守りきったビルバオ

かつて4-0のリードを守りきったビルバオ

2ndレグで歴史的な大敗を喫したPSG photo/Getty Images

UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16の2ndレグが8日に行われ、パリ・サンジェルマンはバルセロナと対戦した。1stレグを4-0で勝利し敵地カンプ・ノウでの一戦でリードを守りきればベスト8進出を果たしたが、ラストの7分間に3失点。結局1-6で敗北して2戦合計スコアを5-6とし、屈辱的な逆転負けを喫した。

かつてホームでの1stレグでバルセロナに4-0で勝利し、PSGと同じような状況になったクラブがあった。スペインのアスレティック・ビルバオは、2015年のスーペルコパ・デ・エスパーニャで、本拠地サン・マメスでの1stレグを4-0で勝利。敵地カンプ・ノウでの2ndレグを1-1でやり過ごし、リードを守りきって優勝を果たしていた。

アスレティック・ビルバオの公式Twitterは、バルセロナ対PSGの試合後、4-0のリードを守れなかったPSGを皮肉るツイートを投稿。「4-0のリードを守り続けるのがそんなに難しいことだとは思わなかった」とつぶやき、1万9千人を超える人々がリツートしている。UEFAが主催する大会で過去、1stレグを0-4で敗れながら勝ち上がった前例はなく、バルセロナは史上初の快挙を成し遂げたが、様々なところでその反響があるようだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ