“ペップ・アーセナル”になるはずだった!? スペイン紙「ヴェンゲルが彼の招聘を妨害した」

やはり変革は必要か

やはり変革は必要か

今夏の去就に注目集まる photo/Getty Images

アーセン・ヴェンゲルの存在が、アーセナルの改革を阻んだ。少なくともスペインメディアはそのように指摘している。

2014年にFA杯を制覇し、アーセナルと3年の新契約を締結していたヴェンゲル監督だが、クラブは昨年に異なる未来を作り上げようと模索していたという。スペイン紙『SPORT』によれば、ガナーズの幹部陣はバイエルン・ミュンヘンとの契約を満了させたペップ・グアルディオラの招聘を実現させるべく、ヴェンゲルに早期退任を提案したものの、フランス人指揮官はこれを拒否。同紙は「クラブの特権的立場にあるヴェンゲルが自身の契約を全うさせたいが為に、ペップの招聘を妨害した」と綴っている。

タイトルホルダーとして名を馳せるこの優秀なスペイン人指揮官は、かねてよりアーセナル就任に好意的だとされており、ガナーズ側も頻繁にペップを招き入れる案を議論していたという。7日にはホームでバイエルン相手に屈辱的な大敗を喫しているアーセナル。いよいよ大ナタを振るう時が来たといえるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ