まるでマケレレ、R・キーン、ロブソンをミックスした完璧MF? チェルシーの潰し屋に称賛止まず

評価が急上昇

評価が急上昇

チェルシーのカンテ photo/Getty Images

チェルシーでプレイするMFエンゴロ・カンテは、レスター・シティでプレイしていた昨季からクロード・マケレレ二世と言われてきた。現在はマケレレ氏も所属したチェルシー、そしてフランス代表でプレイしており、それもマケレレ二世と言われることに繋がっているのだろう。

しかし、カンテはマケレレ氏をも超えたのかもしれない。英『Daily Mail』によると、解説を務めるジェイミー・レドナップ氏はカンテについて「ブライアン・ロブソン、ロイ・キーン、マケレレを1つに合わせた選手だ。彼のような選手を見たことがない」と絶賛している。

マンチェスター・ユナイテッドで活躍したロブソン氏はカンテと同じく運動量があり、それに加えてゲームメイクも出来た名手だ。カンテよりも得点に絡む攻撃的な性質を持ったMFだったと言える。カンテはゲームメイクをするというタイプではないが、決してパスが下手なわけではない。中盤からボールを運ぶことも可能で、レドナップ氏は攻撃面も評価している。

同じくマンUで活躍したロイ・キーン氏といえば、とにかく熱くて激しい選手だった。カンテと似たような役割を任されていたものの、プレイ中の温度差はまるで違う。それでも中盤で相手を追い詰めるカンテの姿はキーン氏に似ているところがあるとレドナップ氏は感じているようだ。

攻撃面でもチームに貢献でき、キーン氏のように熱すぎるハートがあり、そしてマケレレのようにボール奪取ができる。完璧すぎるMFに思えるが、カンテはすでにそうした存在になっていると言えるのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ