マンUは香川ではなくアザールを獲るべきだった? 英紙「カガワ?ドルトムントでスタメンですらない」

今のアザールの進化を考えると……

今のアザールの進化を考えると……

2012年にマンUへ向かった香川 photo/Getty Images

現在ドルトムントでプレイする日本代表MF香川真司は、2012年にイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドに移籍した。当時はドイツでも非常に高い評価を受けており、マンUの目に留まるのも当然だったと言える。ただし、マンUには他にもターゲットがいた。それが当時リールでプレイしていたMFエデン・アザールだ。

アザールもマンUの獲得リストに挙がっていたのだが、移籍金は高かった。最終的にはチェルシーに3200万ポンドの額で移籍しており、当時マンUを率いていたアレックス・ファーガソン氏には高額な買い物に見えたようだ。

当時ファーガソン氏は「私は高額だと感じた。彼は良い選手だが、3200万ポンドの価値があるだろうか?香川は良い買い物だったと考えている」と振り返っている。しかし英『Manchester Evening News』は、現在アザールがチェルシーで見せているパフォーマンスを考えると3200万ポンドは安かったと主張しており、クリスティアーノ・ロナウドの後継者としてふさわしい存在になったはずと捉えている。

一方で当時獲得された香川については、「香川?彼は良い選手だが、ドルトムントでスタメンにさえ入っていないじゃないか」と伝えている。当時の香川も間違いなくトップレベルの選手だったが、今の状況を見るとアザールを獲得していればマンUは大きな成功を掴んでいたことだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ