ピケがバルサに内部分裂もたらす? イニエスタやブスケッツら主力選手がその“口撃性”に嫌気

チーム内から不満続出か

チーム内から不満続出か

その発言は多くの物議を醸す photo/Getty Images

あまりにも喋り過ぎる彼の性分は、当然ながら周囲を困らせている。スペイン屈指の名門バルセロナに所属する複数の主力選手が、ジェラール・ピケによる自由奔放な振る舞いに嫌気が指しているようだ。

twitterやインタビューなどのあらゆる機会を利用し、ライバルであるレアル・マドリードへの“口撃”を止めないピケだが、いよいよ身内からも不満の声が噴出してしまった。スペイン『Don Balon』が報じたところによれば、キャプテンのアンドレス・イニエスタを筆頭に、セルヒオ・ブスケッツやジョルディ・アルバといったスペイン代表の同胞たちが、ビジャレアル戦の判定について批判を展開するピケに憤っており、我慢の限界に達しているという。曰く、バルサの選手たちも彼の行為を“やりたい放題”だと捉えているようだ。さらに同紙はピケの言動に関し、次のように綴っている。

「ジェラール・ピケは将来的にバルセロナの監督や幹部、そして会長になることを目指している。しかし、そのことが、単なる一選手に過ぎないピケの一連の行動を正当化することはない。なぜなら彼はキャプテンでもないからだ」

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの比較論においても、その舌を爽快に回らせてきたピケ。とうとうその行動のツケを払う時が来てしまったのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ