良い守備から良い攻撃へ! 浦和、槙野が語ったACL初戦のキーポイントとは!?

「初戦の重要性は高い」

「初戦の重要性は高い」

ACL初戦にむけて意気込みを語った槙野 photo/Getty Images

18日に行われた「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」で、鹿島アントラーズに敗れた浦和レッズ。同クラブは日本時間で21日の17時より、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第1節でウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)と対戦する。

同クラブDF槙野智章はクラブ公式ホームページのコメントで、同試合にむけて意気込みを語った。
「ACLは何度も出場している大会ですが、初戦の重要性が高いです。初戦に勝つか負けるかでグループステージ突破が大きく変わってきますので、アウェイであろうがホームであろうが、しっかりと自分たちで明確な共通意識を持って戦うことが重要だと思います。ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、以前はロングボールを多く使い、パワープレイを得意とするイメージでしたが、近年のオーストラリアのクラブを見ると、フィジカル的な強さがあるにもかかわらず、ポゼッションで挑んでくるという印象があります。ピッチコンディションも良くありませんが、それを怖がってロングボールを多く使うと相手の思うつぼですし、自分たちの良さが出ません。まずはしっかりとした守備がテーマになると思います。前線の選手も含め、全員が高い守備意識を持って良い守備から入ることが重要だと思います」(一部抜粋)

鹿島戦では両サイドの攻防や3バックの両脇のスペースのケアで後手を踏み、複数失点を記録してしまった浦和。攻守の切り替えが遅れると両サイドが数的不利に陥りがちな[3-4-2-1]の布陣を採用している同クラブだが、全選手がハードワークを怠らずにスペースを埋め、良い守備から良い攻撃に繋げることができるだろうか。同クラブの前線からの連動した守備が機能するかに注目だ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ