Jマスコット界に新星現る! マスコット総選挙、山口のレノ丸がトップ3入り……センターは誰に!?

GettyImages-464727048-min

マスコット総選挙1〜3位はハーフタイム中に発表される photo/Getty Images

初登場のレノ丸、中間発表5位→トップ3

Jリーグは17日、マスコット総選挙の4位以降の順位を発表した。

マスコット総選挙は、J1・J2・J3クラブのマスコットがクラブの威信をかけ、18日に開催される「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」で撮影される集合写真のセンターポジションを争うもの。投票は2月13日までTwitterにて実施していた。

中間発表では3位に食い込んでいたドーレくん(北海道コンサドーレ札幌)が4位にランクダウン。2016年1月にお披露目されたことから、初登場となったレノ丸(レノファ山口FC)は、中間発表で5位と快進撃を見せていたが、まさかの3位以内を確定させた。

今年のセンターポジションは、レノ丸(レノファ山口FC)、2015年1位のサンチェ(サンフレッチェ広島)、2013年と2016年でセンターに輝いたベガッ太(ベガルタ仙台)で争うことになった。中間発表ではサンチェが1位だったが、このままセンター奪還を果たすのか。ベガッ太が巻き返し、2年連続3度目のセンターとなるのか。注目が集まる。1位~3位の発表は「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」のハーフタイムに発表される予定となっている。

4位:ドーレくん(札幌)
5位:東京ドロンパ(FC東京)
6位:グランパスくん(名古屋)
7位:ヴァンくん(甲府)
8位:カブレラ(川崎F)
9位:マリノスケ(横浜FM)
10位:ガンズくん(松本)
11位:ニータン(大分)
12位:レイくん(柏)
13位:モーヴィ(神戸)
14位:GAMBA BOY(ガンバボーイ)(G大阪)
15位:パルちゃん(清水)
16位:ヴィヴィくん(長崎)
17位:ゼルビー(町田)
18位:アルディ(大宮)
19位:ロビー(C大阪)

20位:ライオー(長野)
21位:しかお(鹿島)
22位:ウィントス(鳥栖)
23位:ジュビロくん(磐田)
24位:アルビくん(新潟)
25位:ジェフィ(千葉)
26位:ガミティ(相模原)
27位:ヴォルタくん(徳島)
28位:ディーオ(山形)
29位:ゲンゾー(金沢)

30位:コトノちゃん(京都)
31位:ロアッソくん(熊本)
32位:ゆないくー(鹿児島)
33位:アビーくん(福岡)
34位:キングベルI世(湘南)
35位:ファジ丸(岡山)
36位:ホーリーくん(水戸)
37位:トッキー(栃木)
38位:ブラウゴン(秋田)
39位:名前は公募中(琉球)

40位:フリ丸(横浜FC)
41位:ヴェルディ君(東京V)
42位:ライカくん(富山)
43位:ギラン
44位:伊予柑太(愛媛)
45位:ミナモ(岐阜)
46位:レディア(浦和)
47位:湯友(群馬)
48位:ガイナマン(鳥取)
49位:Jリーグキング(Jリーグ)

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ