天才グティを彷彿!? ゲンクFWのアシスト、後ろにも目がついてると言われた男のバックヒールにソックリ(動画アリ)

GettyImages-479192992-min

現在はレアルの下部組織で監督を務めるグティ photo/Getty Images

天才的バックヒールを受け継ぐ逸材!?

ゲンク(ベルギー1部)は、UEFAヨーロッパリーグ・ラウンド32の1stレグで、瀬戸貴幸のアストラ(ルーマニア1部)と対戦し、2-2で引き分けた。この試合でゲンクFWレアンドロ・トロサールが83分に決めた勝ち越し点が、なぜかスペインメディアで話題となっている。

トロサールのゴールは、カウンター攻撃からの連携したパスワークから生まれた。FWムブワナ・サマッタが前線からの守備でボールを奪取し、ドリブルで持ち運ぶとボックス内に走り込んだベルギー人FWシーベ・スフライフェルスにパスを供給。スフライフェルスは、ここで巧みなバックヒールを繰り出してパスをつなぎ、フリーで走り込んできたトロサールがゴールに流し込んだ。

スペイン紙『MARCA』は、スフライフェルスの披露したバックヒールが、元レアル・マドリードのグティが2010年のデポルティボ戦で見せた天才的なバックヒールを不思議と彷彿とするとし、2つのゴールシーンを動画で紹介した。シーベ・スフライフェルスはゲンク下部組織出身の22歳。シャドーストライカーや右ウイングとしてプレイするベルギーの逸材が、後ろにも目がついてると言われたグティのバックヒールを再現してみせた。



参照元:Twitter、YouTube

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ