イブラがバルサを1年で退団したワケとは? 元関係者「彼のスタイルがメッシとの軋轢を生んだ」

GettyImages-98648057-min

バルサでは主役とはならなかったズラタン photo/Getty Images

在籍わずか1年でイタリアへ

天下のズラタン・イブラヒモビッチはなぜバルセロナにおいて“脇役”だったのか。かつて同クラブでマーケティングディレクターを務め、現在はフランスのリールでディレクターを担うマルク・イングラ氏が、そのワケを説明している。

現在35歳のイブラヒモビッチはアヤックスで目覚ましい成長を遂げると、ユヴェントスやインテル、ミラン、そしてパリ・サンジェルマンといったあらゆるメガクラブにおいて、超人的な活躍を披露してきた。そんな煌びやかな彼の履歴書にもしも負の要素があるとすれば、それは2009-2010シーズンのバルサ在籍時代だろう。もちろん同シーズンの全コンペティションにおいて、スウェーデン人FWは21ゴールを挙げる立派な戦績を残しているものの、イングラ氏はバルサとの関係が長く続かなかった理由を次のように明かした。仏『Le10 Sport』が伝えている。

「イブラヒモビッチがなぜバルセロナで上手く機能しなかったか? それは彼が中央エリアから全く動かなかったからだよ。メッシはより多くのスペースを必要としていたが、ズラタンはそのスタイルに固執し過ぎていたね。そのせいで軋轢が生まれたんだよ」

もちろん彼の考察がイブラヒモビッチの去就に関する正解かどうかは分からない。しかし、所属したほぼ全てのチームを“ズラタン依存症”にさせてきた同選手が、唯一異なる運命を辿ることになったのがカタルーニャの名門ということだろう。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ