“日本のベッケンバウアー”をブンデス公式も大絶賛! 今やリベロ・長谷部はバイエルンを超える完成度

バイエルン
フランクフルト
長谷部誠
GettyImages-633921418-compressor

フランクフルトに所属する長谷部 photo/Getty Images

9度のクリーンシート達成

現在ブンデスリーガで3位につけているフランクフルトは、何と言っても守備が自慢だ。対戦相手によってシステムを使い分け、得点数が少ないながらも上位をキープしている。

それを支えている選手の1人が日本代表MF長谷部誠だ。今季は指揮官ニコ・コバチの下でボランチ、リベロの両方をこなしており、その貢献度は高く評価されている。今や長谷部を中央に配置した3バックはチームの成功に欠かせないもので、長谷部を中心にチームが構成されていると言っても問題ないだろう。

その長谷部をブンデスリーガ公式サイトも絶賛している。同サイトは長谷部がドイツの英雄であるフランツ・ベッケンバウアー氏と同じ「典型的なスイーパー」と紹介しており、豊富な経験からくる引き出しの多さが称賛されている。

結果で見ても今のフランクフルトの守備はブンデスリーガの中でトップレベルの完成度を誇る。今季フランクフルトはリーグ戦で9度のクリーンシートを達成しているが、これは首位バイエルンの8試合をも超えている。独『Bild』も「フランクフルトの守備はバイエルンよりも良い」と報じており、長谷部を中心とした守備網を崩すのは簡単ではない。

コバチも「守備こそ成功の基礎」と語っているが、今のチー ムはまさ にそれを体現したものと言える。このままチャンピオンズリーグ出場権まで獲得してほしいところで、来季は欧州の舞台でリベロ・長谷部を見たいものだ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ