ピルロでもロナウドでもない! インテルSDが売却を猛省する天才とは? 「ここ20年で最大の失敗」

GettyImages-541789723-min

これまで多くのスターたちが在籍してきた photo/Getty Images

素晴らしいMFへ成長したコウチーニョ

逃した魚は大きすぎた。イタリアのインテルでSDを務めるピエロ・アウジリオ氏が、2013年のフィリペ・コウチーニョ売却を後悔している。

現在はリヴァプールでプレイするブラジル代表MFは、2010年にヴァスコ・ダ・ガマよりインテルへ加入し、セリエAでおよそ2シーズンを過ごしたものの、その才能をフルに発揮することはできなかった。結局、2013年にはイングランドへと放出され、いまやプレミアリーグ屈指の攻撃的MFへと成長している。アウジリオSDは「コウチーニョの売却をとても悔いている。インテルの20年間で最大の失敗例だろうね」と語り、“わずかな言い訳”も添えた。『ESPN』が同氏のコメントを伝えている。

「彼は決してレギュラーの選手というわけではなかった。当然我々は彼がどれほどの才能を持っているか分かっていたよ。当時は、ディエゴ・ミリートやスナイデル、それにアントニオ・カッサーノといった素晴らしく才能のある選手がたくさんいて、レギュラーポジションを勝ち取ることができなかった」

昨夏のマーケットではレアル・マドリードやバルセロナといった名門も獲得に興味を示しているとされるコウチーニョ。仮に今もまだ彼がインテルのユニフォームを纏っていたとすれば、彼らの運命はわずかに異なっていたかもしれない。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ