オーランド退団表明から一転、契約延長を望む元ブラジル代表カカー「留まることが最優先プラン」

来季以降もMLSでのプレイを望む

来季以降もMLSでのプレイを望む

契約延長願望を明かしたカカー photo/Getty Images

かつてACミランやレアル・マドリードなどで活躍し、現在メジャーリーグサッカーのオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカーは、少しでも長くアメリカでプレイできることを望んでいるようだ。

昨年、米メディアの前で「将来のことはわからないけど、来季がオーランドでの最後の年になる。ブラジルへ戻るならサンパウロがいい」と述べ、所属クラブの退団を表明していたカカーだが、自身の今後について新たなビジョンを明かしている。

米『ESPN』のインタビューに応じたカカーは「クラブにはまだ伝えていないんだけど……」と話し始めると「僕は、アメリカに留まって今後もオーランドでプレイし続けることを計画している。ただ、シーズン中は何が起こるかわからない。もしかしたら、僕にとってもオーランドにとっても良い条件のオファーが別に届くかもしれないからね。でも、ここに留まることが僕の最優先プランだよ」コメント。契約延長願望があることを打ち明けた。

はたして、来季以降もカカーはオーランド・シティでプレイすることとなるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ