「7番は君を待っている!」 デパイ退団で空いたマンU伝統の背番号、サポーターが着てほしいのは

during the Barclays Premier League match between XXX and XXX on September 26, 2015 in Manchester, United Kingdom.

再び空いた背番号7 photo/Getty Images

7番にふさわしいのは……

マンチェスター・ユナイテッドFWメンフィス・デパイがフランスのリヨンへ移籍した。2015年夏に加入した際には大きな期待を背負っていたものの、デパイはマンチェスターの地で何もすることができなかった。

デパイの退団で気になるのは、クラブの伝統でもある背番号7の行方だ。デパイはデイビッド・ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドが背負った7番を託されていたものの、アンヘル・ディ・マリアらと同様に違いを作り出せなかった。デパイが退団したことで7番が正式に空くことになり、サポーターの間では誰が後任にふさわしいかといった議論もあるようだ。

英『METRO』によると、最も人気なのはやはりアトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンだ。実際グリーズマンはマンU移籍に近づいているとも言われており、サポーターの期待が膨らむのも当然だ。サポーターからは、「グリーズマンに7番を。今は正式に空いているぞ!」、「グリーズマンよ、我々の7番は君を待っている」といった意見が出ており、アトレティコでも7番を背負っているグリーズマン加入に期待しているようだ。

しかも、グリーズマンはベッカムに憧れていると何度も口にしている。ベッカムに憧れて長袖のシャツを着用し、髪型まで意識しているという。背番号7にも特別な感情があるはずで、マンUでそれを欲しがっても不思議はない。デパイの退団に合わせてサポーターの期待は膨らんでいるが、果たしてグリーズマンはマンUにやってくるのか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ