現在15試合連続で無敗! ハマン氏はマンUの逆転優勝も不可能ではないと主張

gettyimages-631422296-compressor

チームの形が見えてきたマンU photo/Getty Images

チームの形が見えてきた

序盤こそ躓いたものの、マンチェスター・ユナイテッドが徐々に調子を上げている。リーグ戦では10月23日のチェルシー戦以来負けがなく、現在は6連勝中だ。FA杯やリーグカップでも確実に格下を叩いており、急に選手層が厚くなったようにも感じられる。

この勢いに、かつてリヴァプールで活躍したディートマー・ハマン氏はまだリーグタイトルを狙うことが可能だと主張している。現在マンUは首位チェルシーと勝ち点差がちょうど10離れており、これを逆転するのは難しいように思える。しかし英『METRO』によると、ハマン氏は不可能ではないと語っている。

「チェルシーとは10ポイント離れているが、12月の第3週の時点で彼らは4位のチームと9ポイント離れていたんだ。でも今彼らは4位マンチェスター・シティと3ポイントしか変わらない。もし日曜日のリヴァプール戦に勝てば、リヴァプールとの差は2ポイントだ。不可能ではないよ」

また、ハマン氏は指揮官ジョゼ・モウリーニョがチェルシーで見せていたように、マンUも無敗を継続できるクラブになれるとも考えているようだ。仮にこのまま後半戦を無敗で乗り切れば、十分優勝争いに絡めるだろう。徐々にチームの形が見えてきたが、モウリーニョ率いるマンUの逆襲はあるか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ