マネよりララーナのサウサンプトン退団が痛かった? ル・ティシエ氏「私が最も失望したものだった」

gettyimages-630584540-compressor

リヴァプールで活躍するララーナ photo/Getty Images

リヴァプールに引き抜かれたことに失望

近年、リヴァプールはサウサンプトンから多くの選手を獲得してきた。デヤン・ロブレン、ナサニエル・クライン、アダム・ララーナ、サディオ・マネ、すでに退団したがリッキー・ランバートもそうだ。これらの補強がなければ今のリヴァプールはこれほど好調ではなかっただろう。

特に昨夏獲得したマネは特別な選手だ。すでにリーグ戦では9得点を記録しており、ユルゲン・クロップのチームに欠かせない存在になっている。かなり早い段階からチームにフィットし、マネの獲得は大成功だったと言える。

ただし、かつてサウサンプトンで活躍したマット・ル・ティシエ氏はマネ以上に重要な存在がいると主張する。英『sky SPORTS』によると、同氏はマネよりもララーナを評価しており、「ララーナの退団は私が最も失望したものだった」とコメント。マネよりもララーナの移籍の方が悲しかったようだ。

さらにマネについては、「マネはリヴァプールでより一貫性を見せている。多くの優秀なアタッカーに囲まれているからかもしれない。だが、私はララーナの移籍がリヴァプールにとってベストだったと格付けするね。マネは近いけど2番目だ」とコメントしている。

ララーナは足下の技術が高いことに加え、豊富な運動量を誇っている。マネほど得点能力やスピードが優れているわけではないが、ララーナもクロップのサッカーに絶対外せない存在だ。マネも重要な補強だったが、リヴァプールにとってはララーナの獲得が最高の補強だったと言えるかもしれない。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.181 欧州で闘うサムライフットボーラーの現在地

代えがきかない存在感 ブンデス参戦組が得た自信と充実/再認識される岡崎、吉田の存在価値 プレミアのサムライは今季こそ輝ける/日本代表にも新たな刺激を与える海外組のキーマンはこの7人/不屈の男・長友! ピオリ新政権でもポジション奪回なるか/本田は今冬にチームを変えるべき 清武&香川も現状打破が必要

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ