カカー、カナレスらと同じ!? レアルで苦しむ10番にギブソン氏「失敗作ではない。被害者だ」

gettyimages-630974606-compressor

レアルの10番を背負うハメス photo/Getty Images

ジダンのシステムでは活きる場所がない

2014年夏にレアル・マドリードに移籍したMFハメス・ロドリゲスは、現在指揮を執るジネディーヌ・ジダンの下で定位置を確保できていない。高額な移籍金で獲得された選手とは思えないほど出場時間は短く、獲得は失敗だったとの見方もある。

しかし、英『sky SPORTS』の記者テリー・ギブソン氏はハメスが失敗作ではないと主張する。同氏はジダンのスタイルにハメスが合っていないだけだと語り、才能は間違いないとの見方を示している。

「私はハメスの大ファンだし、彼がレアルで失敗したとの意見に反論するよ。彼は失敗作というより、被害者だ。彼は試合に出るたびに得点を決めたり、ゴールを演出して貢献してきた。彼のベストポジションは間違いなくセンターフォワードの背後だよ。1トップだろうと2トップだろうとね。だが、最近のレアルはトップ下を使っていない。これまでも被害者は何人かいた。エジル、セルヒオ・カナレス、カカーなどね。ジダンのチームだけに限ったことではない」

現在ハメスがプレイするにはウイングかインサイドハーフしか選択肢がなく、ベストポジション以外の場所で出場機会を確保できるほどレアルは甘い環境ではない。ウイングにもインサイドハーフにも、そこを本職とするワールドクラスの選手が揃っている。トップ下がないのはハメスにとっては不運だったが、10番を背負う男はクラブのスタイルに翻弄された被害者なのか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.187 欧州は、今季もやっぱり熱かった!

群雄割拠のプレミア 明暗を分けたのはマネジメント力/弱点を強みに! パーフェクトなレアルを支えたジダンの采配/競争力を取り戻しつつあるセリエA 「世界最強」の称号を再び得るために/バイエルン怒濤の5連覇達成も伏兵たちの台頭で勢力図激変

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ