C・ロナウドとメッシに”支配された時代”も10年目 シャビ、スナイデル、ノイアーらも歯が立たず

ZURICH, SWITZERLAND - JANUARY 11: FIFA Ballon d'Or nominees Lionel Messi of Argentina and FC Barcelona (L) and Cristiano Ronaldo of Portugal and Real Madrid (R) attend a press conference prior to the FIFA Ballon d'Or Gala 2015 at the Kongresshaus on January 11, 2016 in Zurich, Switzerland. (Photo by Philipp Schmidli/Getty Images)

世界を支配するメッシとロナウド photo/Getty Images

2017年は彼らを崩す存在が出てくるか

ネイマール、ポール・ポグバ、アントワーヌ・グリーズマンなど新たな才能は続々と現れているが、世界のサッカーファンはもう何年もリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの2人よって支配された世界を見ている。ミランで活躍していたカカがバロンドールを獲得した2007年以降、常に世界最高の座はロナウドとメッシが分け合ってきた。もう2017年に入り、彼ら2人の支配は10年近く続いていることになる。9日に発表されたFIFA年間最優秀選手にもロナウドが選ばれ、今年も同じような景色を見ている。

これについて米『ESPN』は、どんな選手もメッシとロナウドに手も足も出せなかったと伝えている。ワールドカップを制したシャビ・エルナンデスやアンドレス・イニエスタ、トーマス・ミュラー、マヌエル・ノイアー、インテルでチャンピオンズリーグ制覇を達成したヴェスレイ・スナイデル、イタリアを長年にわたって支えてきたアンドレア・ピルロやジャンルイジ・ブッフォンなど、バロンドールに選ばれても不思議はない名手たちはいた。しかし、誰もメッシとロナウドの牙城を崩すことはできなかった。

同メディアは改めてメッシとロナウドが違うレベルにあり、まだ20代だった2人には誰も近づくことができなかったと伝えている。しかし、その時代も終わりに近づきつつある。2人が依然として特別な選手であることに変わりはないが、2人とも30代に入っている。年齢による衰えは必ずくるはずで、グリーズマンらの世代が確実に近付いてきている。これまではメッシとロナウドによる2人の争いだったが、2017年は彼らを世界最高の座から引きずり降ろそうとする世代との争いになるだろう。

バロンドールに選ばれたカカに次いで2位にロナウド、3位にメッシが入った2007年から10年が経とうとしているが、今年2人の支配を終わらせるスターは出てくるのか。それも2017年のサッカー界を盛り上げる1つの要素となりそうだ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ