[移籍]新たな攻撃のキーマンとして期待 清水の”背番号10″FW大前が大宮に「勢いがあって未来のあるチーム」

J1
大前元紀
大宮アルディージャ
清水エスパルス
gettyimages-484211256-min

清水のJ1昇格に貢献したFW大前元紀 photo/Getty Images

昇格2年目、力をつける大宮にFW大前が完全移籍

大宮アルディージャは10日、清水エスパルスからFW大前元紀が完全移籍で加入すると発表した。

同選手はクラブの公式サイトを通じて、大宮の印象について「アルディージャは昨年リーグ戦で上位で、天皇杯でもベスト4まで勝ち進み、勢いがあって未来のあるチーム」と語り、「自分をすごく評価してくれたことに大変感謝しています。目指すサッカーを聞いたとき、攻撃的で魅力的なサッカーだと感じたので、そこで挑戦したいと思いました」と決断した理由を明かした。

そしてドイツ・デュッセルドルフで過ごした期間を挟んで9年間過ごした清水エスパルスのファン・サポーターに向け「応援いただいた皆さんの前で最後に挨拶できなかったことが残念です。言葉で全て言い尽くすことはできないですが、これまでエスパルスでずっとプレイしたいと思ってきましたし、他のチームに移籍するとは思いませんでした。重みのあるエスパルスの10番を着けさせてもらい、昨シーズンはキャプテンも経験させていただき、本当に感謝しています」と語っている。

大宮は昨季クラブ史上最高となる年間5位でシーズンを締めくくり、着実に力をつけている。今オフには主力として活躍していたMF家長昭博を川崎フロンターレに、MF泉澤仁をガンバ大阪へ放出するも湘南ベルマーレから長谷川アーリアジャスールらを補強し、来シーズンは上位進出を目指す。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ