[移籍]横浜FM大放出つづく MF兵藤までも札幌に完全移籍「この判断を正解にできるかは自分次第」

gettyimages-620931488-min

マリノスに9年間在籍したMF兵藤 photo/Getty Images

主力級ベテランの移籍が続くマリノス

横浜F・マリノスは10日、MF兵藤慎剛が北海道コンサドーレ札幌に完全移籍することを発表した。

同選手はクラブの公式サイトを通じて「大学を卒業してから9年間、トリコロールのユニフォームを着て戦えたことを、心より誇りに思います」と心境を明かし、札幌への移籍を決断した理由について「今年で32歳を迎えるにあたり、あと何年、現役選手としてプレイできるかを考え、サッカー選手として、後悔のない終わり方をするためにはどうすればよいかを悩み抜き、最終的に移籍を決断致しました。正解はないですし、この判断を正解にできるかどうかは自分次第だとも思います」と語っている。

そして北海道コンサドーレ札幌を通じては「J1残留はもとより、一つでも上の順位でシーズンを終え、ファン・サポーターの皆さんと喜びを分かち合えるよう全力で戦います」とメッセージを送った。

横浜F・マリノスは現在急激な世代交代を敢行しており、主力として活躍していたベテラン勢の38歳中村俊輔がジュビロ磐田へ、33歳榎本哲也が浦和レッズ、31歳小林祐三がサガン鳥栖に移籍していた。その一方で元日本代表DF栗原勇蔵ら4選手との契約延長を同日に発表した。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ