かなり意外なデータ!? プレミアで最もヘディングでのゴールが多いのはアーセナルだった

gettyimages-487875798-compressor

頭での得点多いアーセナル photo/Getty Images

小柄な選手が多いが……

アーセナルといえば、プレミアリーグの中でも屈指のテクニック集団だ。最終ラインから攻撃を組み立てるのも上手く、中盤にはメスト・エジルやサンティ・カソルラ、アーロン・ラムジーなどリーグを代表するテクニシャンが揃う。彼らを軸としたショートパス主体のサッカーこそがアーセナルの強みだ。

しかし、意外なデータが存在する。2013-14シーズン以降、アーセナルがプレミアリーグで最もヘディングでゴールを奪っているチームなのだ。その数は46となっており、2位WBA(45点)、3位ウェストハム(44点)を抑えてトップに立っているのだ。アーセナルの前線にはアレクシス・サンチェス、テオ・ウォルコット、アレックス・イウォビ、オックスレイド・チェンバレンなど小柄な選手が多く、彼らは地上戦で強みを発揮するタイプの選手だ。

前線で唯一高さがあるのはオリヴィエ・ジルーで、あとはセットプレイでローラン・コシェルニーなど空中戦に強いDFの選手が得点を奪うくらいだ。このデータに英『Daily Mirror』は驚くべきスタッツだと伝えており、ショートパス主体のアーセナルがヘディングから多くの得点を奪っていることに驚いている。

今季は高さのあるジルーが好調を維持しているが、このデータはかなり意外なものかもしれない。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.181 欧州で闘うサムライフットボーラーの現在地

代えがきかない存在感 ブンデス参戦組が得た自信と充実/再認識される岡崎、吉田の存在価値 プレミアのサムライは今季こそ輝ける/日本代表にも新たな刺激を与える海外組のキーマンはこの7人/不屈の男・長友! ピオリ新政権でもポジション奪回なるか/本田は今冬にチームを変えるべき 清武&香川も現状打破が必要

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ