ファン・ダイクら優秀なDFがいるのに…… ノリッジ戦の失点に吉田「失望している。WBA戦と同じ」

gettyimages-630196132-compressor

サウサンプトンに所属する吉田 photo/Getty Images

終盤の失点で引き分け

7日にFAカップ3回戦でノリッジ・シティと対戦したサウサンプトンは、フィルジル・ファン・ダイクと日本代表DF吉田麻也の得点で2度リードを手にしながらも2-2の引き分けで終えてしまった。サウサンプトンには欧州の強豪クラブも注目するファン・ダイク、ポルトガル代表としてEURO2016制覇に貢献したジョゼ・フォンテ、そして今季高い評価を得ている吉田と最終ラインに優秀な選手が揃っているのだが、今回のように終盤にリードを守り切れないことも目立つ。

この試合でフル出場した吉田も引き分けに満足していない。英『Daily Echo』によると、吉田は「失望している。僕たちはゲームを上手くコントロールしていましたし、最後のゴールを許してはならなかった。WBA戦と同じです。ゲームをコントロールしながら2失点してしまった。非常に受け入れにくいですね」とコメントしており、終盤のゴールで同点に追いつかれたことにセンターバックとして落胆している。

吉田が挙げたWBA戦は、前半41分にシェーン・ロングの得点で先制しながらも前半43分と後半5分に失点を喫して1-2で負けている。その他にも11月のハル・シティ戦では前半6分という早い時間帯に先制しながら、後半16分、18分と立て続けに失点して1-2で敗れている。この試合では吉田も先発フル出場しており、格下相手にリードを守り切れない展開も目立つ。

吉田は「最後までゲームをコントロールする必要がありますね。最後まで集中しないと。ゲームを上手く終わらせる必要がある」ともコメントしており、終盤の戦い方を見直す必要がありそうだ。同メディアもこうした終盤のロストが欠点の1つと指摘しており、優秀なDFを抱えているからこそ最後まで守り切りたいところだ。今季は攻撃陣が沈黙していることもあって守備陣に負担がかかっているが、ノリッジ戦のミスを今後に活かしていけるか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.182 欧州CLラウンド16全マッチ予想

PSGにメッシ封じの秘策アリ!! 変則フォーメーションへの対処法/次々にタレントを創出するドルトムント 若手の積極起用でラウンド16突破へ/打倒レアルへ ナポリが敢行すべき戦術はコレだ!/またしても強敵引き当てたアーセナル 求められるのは安定性とプランB/鍵を握るのはプレッシング どちらの守備戦術が相手を凌駕するのか!?/守備に不安を抱えるシティはストロングポイントで勝負せよ!/イタリア最後の砦ユヴェントス UCLベスト8進出は至上命題/番狂わせへの唯一の道は奇跡を起こしたあの正攻法!

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ