シメオネ、乾貴士に“ビビって”戦術変更「彼は小柄でとても良い選手、素晴らしいプレイだった」(動画アリ)

gettyimages-631144742-min

チームは敗れるも手応えはあったはずだ photo/Getty Images

存在感示した乾

天下の闘将も“キレキレの日本人”には舌を巻いたようだ。7日にアウェイでエイバルと対戦したアトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が、シメ・ヴルサリコと乾貴士のマッチアップについて言及している。

シメオネはスコアレスで迎えた後半スタート時に右サイドバックとして先発させたクロアチア代表DFヴルサリコを下げて、スペイン代表DFファンフランを投入。前者は前半の45分間、日出づる国からやってきたサムライに手を焼き、たまらずイエローカードを頂戴していた。シメオネにとってもエイバルの左サイドは特段に脅威に感じたことだろう。スペイン『MARCA』がアルゼンチン人監督のコメントを伝えている。

「乾が左サイドで素晴らしいプレイをしているのを見ていた。彼と対峙したヴルサリコはイエローカードを貰うことになってしまったね。乾は小柄でとても良い選手だ。ヴルサリコには2枚目のカードをもらう可能性があったために私は交代を決断した。選手が退場させられてしまうリスクをおさえるためにね」

トリッキーなプレイと高精度なドリブルでその特性を存分に発揮した乾。しかしながら試合は後半のサウール・二ゲスとアントワーヌ・グリーズマンのゴールにより、アトレティコが勝利を収めている。

参照元:youtube

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ